読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり

料理とか、船とか、市況とか、興味のある情報を

牛丼か、おごりやがったな。(ヨーグルティアで長時間調理)

ヨーグルちは!

 

みなさんは、ヨーグルティア使ってますか?

牛乳とヨーグルトをまぜてヨーグルトを増やす機械です。

この機械、ヨーグルト製造機を名乗っていますが、25℃から65℃まで自由に設定した温度を保持できることから、飯ブログ界隈で肉を低温(60℃くらい)で火を通す目的で専ら使用されている模様です。

f:id:googoojob:20170130182329p:plain

 

さて今回は、八笑師匠の「牛丼か、おごりやがったな。」で有名な、牛筋のとろとろ煮込み牛丼であります。

 

f:id:googoojob:20170203153118j:plain

 

そんなに牛丼高かったのかよ、と思って80年代の吉野家の牛丼の値段調べたら350円でそんなに変わらないことが判明。

吉野家の牛肉確保の歴史は公式に詳しく載っていました。

https://www.yoshinoya.com/kodawari/story/index.html

 

米国産牛肉の輸入自由化が88年くらいなので、それ以前は牛肉はお高いイメージだったんでしょう。

 

というわけで、今回は「ヨーグルティアで長時間煮込み」

 

材料:

牛筋肉300グラム(100グラム150円)

 

手順:

1.牛筋肉を沸騰させた鍋にほうりこみ、5分ほど加熱し、ざるにあげる

2.切り分けた牛筋肉、生姜1かけ、ねぎ青い部分1本分、醤油50CC、酒50CC、みりん30CCをジップロックに詰め、空気を抜く

3.ヨーグルティア65℃で48時間加熱!

 

できあがり:

f:id:googoojob:20170203153135j:plain

 

 

お味:

うまい。しみじみうまい。

何が良いって、ほったらかしにしておくだけでとろとろになるのが良い。

なべでやると噺家の修行になるレベルのめんどくささなのに、ほったらかし。

ありがとうヨーグルティア!

 

ではまた。